【天皇賞春2016】アルバートの予想と見解

≫ 【無料】, の予想はこちら

アルバート(牡4、栗東)

アルバート
生年月日:2011年02月07日
調教師:堀宣行
馬主:林正道
生産者:ノーザンファーム
通算成績:18戦6勝(6-1-2-9)
血統:父アドマイヤドン、母フォルクローレ

 

近3走の成績と天皇賞(春)の予想・見解

天皇賞春の出走予定のアルバートですが、上位人気は見込めませんが、穴馬としてはかなりおもしろいのではないでしょうか。

前走は日経賞4着。勝馬との差は0.5秒と少し差はありましたが、1~3着の馬が相当に強かったですし、0.5秒差に踏みとどまっているという考え方もできます。また、このレースはアルバートにとって良い展開でもありませんでした。スローペースで流れたこのレースですが、1~3着馬はこの馬より前で競馬をしています。上がり3Fのタイムは上位の馬と差がありません。展開次第ではもう少し差のない状況になっていたことも考えられます。

アルバートが強い勝ち方を見せたのはステイヤーズステークスです。直線でぐんぐんと差を広げ、坂を駆け上がって2着につけた差は5馬身という圧勝劇でした。鞍上のR.ムーア騎手の腕も見事ではありましたが、馬が強くなければ、このような勝ち方はできないでしょう。長丁場であれだけの走りができるのですから、スタミナが豊富であることは疑いようがありません。母父の血統面での裏付けもあります。スタミナ勝負になれば、出番があるのではないでしょうか。

理想的な展開としては、ある程度のペースで流れ、後ろに有利な展開です。スタミナを武器に直線で伸び続けることができれば、結果も自ずとついてくるでしょう。気になるのは馬体の仕上がりですが、関東でも随一の厩舎です。展開が嵌れば十分チャンスはある一頭でしょう。

 

ステイヤーズS(G2、中山・芝3600m)2015年12月05日 【1着】

1着 1-2 アルバート(牡4)/R.ムーア/1番人気
2着 4-7 カムフィー(牡6)/横山典弘/7番人気
3着 1-1 トゥインクル(牡4)/三浦皇成/4番人気

 

有馬記念(G1、中山・芝2500m)2015年12月27日 【11着】

1着 4-7 ゴールドアクター(牡4)/吉田隼人/8番人気
2着 5-9 サウンズオブアース(牡4)/M.デムーロ/5番人気
3着 6-11 キタサンブラック(牡3)/横山典弘/4番人気

11着 3-6 アルバート(牡4)/A.アッゼニ/7番人気
 

日経賞(G2、中山・芝2500m)2016年03月26日 【4着】

1着 8-9 ゴールドアクター(牡5)/吉田隼人/2番人気
2着 4-4 サウンズオブアース(牡5)/福永祐一/1番人気
3着 2-2 マリアライト(牝5)/蛯名正義/4番人気

4着 7-7 アルバート(牡5)/C.ルメール/3番人気
 

≫ 【無料】, の予想はこちら

You may also like...

1 Response

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[PR] 競馬予想に役立つ無料情報サイト

最新のレース情報を毎週配信。三連単の予想を無料でお手伝い。